ヘッダー

隈笹エキス
くまざさ
会員用
新規登録

熊笹(くまざさ)解説

クマザサとアレルギー対策

花粉症と熊笹

人間の体の免疫反応の暴走「アレルギー」と「花粉症」

アレルギーとは本来、人間が持ち合わせている免疫細胞の力が突然、暴走してしまうことです。

花粉症とはスギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。 特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。 日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。異物が鼻から侵入すると、その異物を外に追い出したり体内に入りにくくする為の生体防御反応として「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」が現れますが、アレルギー反応によってそれらが過剰に発現するのが花粉症の症状です。

現代人では3人に1人が花粉症だと言われるくらい、多くの方がつらい花粉症症状に悩まされています。

またスギやヒノキのような花粉以外にもハウスダストやダニ、魚介などが原因となり体の防護反応が暴走してしまうことがあります。

昔に比べ、社会全体がアレルギーへの理解を示してくれるようになりましたが、まだまだ従来の考え方を根強く主張して、「食べさせないからアレルギーになるんだ!」「好き嫌いを誇張するな!」という精神論を求めてくることも。。。

アレルギーの方への強要は絶対にしてはいけません。時にアナフィキラシーショックによる重度の症状がおこり、生死にかかわるような重篤な状態に陥ってしまうこともあります。

アレルギー反応をなるべく起こさないために

ストレスがかかるとカラダの中では免疫システムが誤認識・誤作動を起こしやすくなり、花粉症やアレルギーを発症しやすくなると言われています。 ストレスとは人間関係等によるものだけでなく、季節の変化によるものや環境の変化によるものなど、ひとえに自分の力だけでどうにかなるものだけではありません。

充分な睡眠とバランスの良い食事、ゆっくりとした時間を過ごしたり、音楽を聴いてリラックスすることなども抗ストレスには有効とされています。

花粉症のクマ笹エキス活用法

くま笹エキスに含まれる「笹多糖体」はアレルギー症状を起こしている細胞の健康維持をサポートすると言われています。

アレルギー反応は様々な要因からヒスタミンが過剰に分泌されることが原因の一つと言われています。

隈笹にはヒスタミンの抑制作用があり生成・遊離を抑えます。また、このヒスタミンの受容体であるセンサーも多糖体であるため、隈笹がうまく働く事により花粉症やアレルギー症状を本来の状態へと戻す働きをサポートしてくれると言われています。

※隈笹はイネ科です。イネ科のアレルギー症状がある方は医師の確認を取ってからの使用をおすすめしております。

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

クマザサ健康サイト・ササランド
TEL. 03-5623-2051
(平日10:00~17:30/土日祝休)
東京都中央区日本橋人形町1-18-9
株式会社ヒューマン・プライム内
店長・ささ丸(責任者・小澤)


姉妹サイトはこちらから

ササランドamazon店

ササランドyahoo店

姉妹店mite屋へ

ページトップへ