犬が高齢になる。ということについて考えてみる。

犬が高齢になった時に気を付けたいこと ペットサプリ
この記事は約2分で読めます。

犬が高齢になる。について考える

犬は高齢になるにつれて、人間と同じように身体的・精神的に様々な変化が起こります。

家に来たときには小さな子犬だったとしても、気づけばもう7歳。なんてことも。楽しい時間は、本当にあっという間に過ぎてしまいます。

犬は一般的に7歳を過ぎるとライフステージは高齢期(シニア期)。犬は人間よりもずっと早く年を取ります。

またライフステージは、犬の平均寿命から相対的に判断されるため、大型犬は中型・小型犬種に比べて早く高齢期が始まります。これは大型犬の寿命が小型犬や中型犬よりも短いことに関係しています。

大事な家族である犬の高齢化を意識したときに、飼い主ができることについて一緒に考えていきましょう。

シニア犬って何歳から?

犬の年齢を人間の年齢に換算すると、以下のようになります。

  • 1歳:人間でいう14歳から20歳
  • 2歳:人間でいう24歳から28歳
  • 3歳:人間でいう28歳から32歳
  • 4歳:人間でいう32歳から36歳
  • 5歳:人間でいう36歳から40歳
  • 6歳:人間でいう40歳から44歳
  • 7歳:人間でいう44歳から48歳

犬の高齢化について

犬の一生は人間と比べると、とても早く過ぎます。だからこそ、犬の健康状態や病気のリスクを考慮して、備えておくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました