免疫力とクマザサ

江戸時代の食事と免疫力

江戸時代の食事と免疫力

庶民の健康と食卓を守り続けたパワーフード

江戸時代の人々が食べていた食事には現代まで受け継がれている発酵食品の文化がありました。 戦国の時代より兵糧攻めなどで食物の保存の必要性に迫られ、重要な栄養源として発達した醤油や味噌といった発酵調味料。 江戸の時代に移り変わり、免疫力の強化と食卓のバリエーション増加へと働いたそれらの食品について調べてみたいと思います。

腸を大切にしてきた江戸時代の人々

「断腸の思い」や「はらわたが煮えくり返る」といったフレーズを時代劇などで聞いたことはありませんか? 日本人の歴史は古くから腸を大切にしながら過ごしてきたと言われることがあるほどです。 車や電車などもちろん存在しない時代に、長距離の旅へと徒歩で向かい、疲れたら小脇に抱えた味噌を塗ったおにぎりで栄養補給をしていたと言われています。
味噌は発酵食品ですので、腸へ届くと善玉菌を増やし脳へと繋がる神経へと信号を与えます。脳はそれを受けて自律神経の働きを整え、活動できるように体を保ちます。また大豆はタンパク質ですから肉や魚を食べなくてもスタミナを維持し、食物繊維が多いので適度に負荷をかけることで免疫細胞が強化されより強い腸へと導くことができたということです。 腸を元気にすることは近年「腸活」として美容や免疫力アップの観点から注目されていますが、知ってか知らずか江戸時代の人々は疫病や疲れに負けることなく元気に歩き回っていたのですね。

今も昔も変わらない?免疫力アップに期待する人々

江戸時代には武士が威張り散らし、庶民は我慢を強いられる暮らしを送っていました。そのストレスを発散し、体の健康を保つために盛り場が発展したとの情報もあります。ストレスはいつの時代も万病のもとであることは変わりないようですね。

また古い文献には充分な睡眠や適度な運動を呼びかける物もありました。数百年の歴史の中でも根本的に大切なことはいつも変わらず、本来持っている自己免疫力を高めたり維持することが大切ということですね。

信じるか信じないかはあなた次第!江戸時代から免疫アップに良いとされる食べ物とは?

古事記の時代から人々の中で体に良いとされ好んで食べられてきた食材はたくさんあります。 人により好みや体質があると思いますが、一部を紹介しますので参考にされてみては?

・うなぎ
言わずもがなよく知られたウナギ。万葉集の時代から滋養強壮や万病にならないために多くの人が食べてきました。土用の丑の日を始めてやったのは かの有名な平賀源内と言われています。

・豆腐・油揚げといった大豆製品
タンパク質の量は牛肉と同じでありながら、悪玉コレステロールを含まない健康的な食材。腸への善玉菌を増やすので味噌汁などで同時に複数取れば効果アップ!

・山芋
干して漢方薬にも使われるパワーフード。滋養強壮としてもよく知られ、ポリフェノールやβカロテンも豊富。

・にんにく
こちらもよく知られたパワーフード。九州からの参勤交代のために大名の家族が手作りしたニンニクフードを持たせた記録もあるようです。 徳川家康はニンニクのすりおろしを好んで食べていたとか?!

【PR】熊笹ニンニク卵黄は黒ニンニクを使用したサプリメントです。

どれも身近で簡単に手に入る食材ですね。皆さんも免疫力をしっかりつけて病気に負けなし体つくりをしましょう。

免疫力についてのその他コンテンツはこちらから

・免疫力について考える~体がもっているすごい力自己免疫機能とは?~

・天然素材で安心!ワンちゃんネコちゃんの困った!にもクマササエキスがいい理由とは?

・高品質の新潟産隈笹で作った特別な隈笹エキス【隈笹精】とは?

.

クマ笹エキスと熊笹茶の違いについて解説!効能は?

隈笹エキスならササランド!

隈笹茶は葉っぱを刻んで蒸した物をお湯で抽出したお茶。
熊笹エキスは隈笹から抽出した濃縮エキスをお湯で薄めて飲むものです

隈笹茶とは農場からとってきた笹の葉を蒸して刻み、乾燥させたものです。よく乾燥させた隈笹の葉に、ゆっくりとお湯を注ぐことによって、カップの中でじっくりと抽出されるのが隈笹茶です。自然の中に生えているクマ笹そのままから抽出した味を楽しめます。

一方熊笹エキスは農場で採ってきた隈笹の葉に、メーカー各社が独自技術で圧力をかけたり、蒸したりすることにより、本来硬くてなかなか分解することのできない熊笹の繊維を柔らかくして、しっかりと煮詰めることで葉の芯の部分までしっかりと加熱・加圧をして有効成分を抽出します。 熟練の技術で隈笹の有効成分が十分抽出されたところを見極め、灰汁や不純物を取り除きます。更にその中の純度の高い上澄み液だけを集め、煮詰めて濃縮したものが隈笹エキスです。

実際に農場で収穫された大量クマ笹の葉は、ギュッと濃縮されるとほんの少しの栄養豊富で濃厚な熊笹エキスとなります。そのため熊笹茶の葉に比べると同じ量当たりの単価は高価になりますが、原材料の熊笹葉の量を考えるとそれも納得の技術と手間暇がかかっているのです。

ササランドで取り扱っているクマ笹エキスを作っているメーカーは、いずれも日本国内ではなかなか少なくなってしまっているクマ笹農家さんから仕入れた国内産、安心品質の隈笹を加工しています。

日本の中でもクマ笹の産地として有名な北海道を始め、質の良い隈笹が採れる新潟県など、産地は様々ですが、どれも安心してお召し上がりいただける販売実績のあるメーカーさんが作っています。

隈笹茶と熊笹エキス

クマ笹茶より、隈笹エキスの方が値段が高いのはどうして?

隈笹茶は農場で収穫されたクマ笹の葉を、乾燥させて刻んだ茶葉をお湯に浸すことで、お湯の中へ抽出します。そのため目で見た茶葉の数がそのまま原材料の葉の数です。乾燥させることで多少水分が飛んで見た目のカサが減り、重量が軽くなります。

隈笹エキスは農場で刈り取った隈笹の葉を、メーカー各社が高温で煮詰めて繊維を柔らかくし、有効成分を壊さないように独自の技術で抽出します。1日当たりのオススメ量を、数杯の隈笹エキスで取れるようにギュギュっと濃縮されています。

小瓶に詰められた隈笹エキス1本を抽出するためにはその何十倍もの隈笹の葉が原材料として必要となります。そしてとろみのある隈笹エキスには濃厚な熊笹の有効成分がギュッと詰まっているのです。ササランドで取り扱っているクマ笹エキスは、いずれも不純物の少ない上澄み液や高純度での濾過を行い、口当たりよいの滑らかな仕上がりになっています。

またいずれもほのかな甘みで飲みやすく、黒糖に似た香りがくつろぎタイムの一杯に最適です。

初めてでも飲みやすい!みんなはどの隈笹エキスにする?

販売実績30年 隈笹エキスと言えばホシ隈笹エキス

ホシ隈笹エキス

販売実績30年超えの定番人気商品です。漢方の基本となる「乾・煎・澄」に基づき、隈笹を乾燥させたのちに、高温で熱加水分解して作られています。また不純物の少ない上澄液を使用することで滑らかな口当たりがとても人気です。

●ホシ隈笹エキスはこちらから

隈笹エキスならササランド!

熊笹解説ページはこちら

●クマ笹ってなぁに?何が何に良いの~?

隈笹エキスならササランド!
販売実績30年 隈笹エキスと言えばホシ隈笹エキス

隈笹精

隈笹エキスより純度の高さを追求した至高の隈笹エキス。笹は北海道産よりもさらに柔らかくて高品質とされる新潟産の隈笹を使用し、より芳醇な味わいと香りが特徴。
販売実績30年超えの定番人気商品です。漢方の基本となる「乾・煎・澄」に基づき、隈笹を乾燥させたのちに、高温で熱加水分解して作られています。また不純物の少ない上澄液を使用しています。

●隈笹精はこちらから

隈笹エキスならササランド!

隈笹エキスならササランド!

リオナチュレクマ笹エキス

リオナチュレ クマ笹エキス

北海道産の隈笹を、摘み取ってすぐに北海道内の工場で加工。支笏湖のミネラルたっぷりの水から抽出され、クマ笹を蒸す段階でも有効成分を壊さない独自の技術を採用しています。

●リオナチュレ クマ笹エキスはこちらから

隈笹エキスならササランド!

  • 熊笹ってなぁに?

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年始休業

営業時間 10:00~17:30 土日祝・年末年始休
ご注文はいつでもOKです。
TEL.03-5623-2051(代)

ページトップへ