クマザサ 

熊笹(くまざさ)解説

隈笹と本草網目

世界の薬学や植物学の源流にもなった中国明朝時代(16世紀)の薬物書「本草網目」(1552年)では、隈笹は「𥮷」(じゃく・後述)として効能が収載されている。
主として喘息、去痰、十二指腸潰瘍、腎臓病、浮腫、止血に用いられ、悪性の腫れものに対しても使われていた。

漢方イメージ


【𥮷】 気味…甘し、寒にして毒なし
主治…男女の吐血、衄血、嘔血、喀血、下血、いづれも焼いて性を存して温湯で一銭此れを服す。又、小便を通じ、肺氣、喉痺を消す。

[解説]
性質:甘、寒性であり、毒性はない。
効能:男性・女性に対して笹を焼いたもの(黒焼き)1匁(3.75g)を煎じて服用すると、以下の症状に効果が認められる。
①胃潰瘍などで胃から出る血(吐血、嘔血)
②のぼせて出る鼻血(衄血:鼻血)
③肺から出る血(喀血)
④消化管の病気で肛門から出る血(げけつ)の治療。
⑤排尿困難(小便不利)に対しての治療(小便通利)
⑥発汗や呼吸の障害(肺気不宣)
⑦⑤および⑥による悪寒・発熱・鼻閉・鼻水・咳そう
⑧扁桃腺炎(喉痺)
⑨おでき・首筋や背中にできる腫物(癰腫)


隈笹エキス

メンバー募集
シークレットセール入り口
sasamaru
友だち追加

クマ笹エキス
niowan
sasa
facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

QR

ページトップへ