クマザサ 

熊笹(くまざさ)解説

隈笹と民間薬

大昔、外界から離れ霞を食べて生きてきたといわれている不老長寿の「仙人」は、実は隈笹を食べていたと伝えられています。
日本でも昔から、笹の葉で包んだお米は腐りにくいとされており、山仕事や旅の途中で食べるおにぎりや餅を隈笹の葉で包んでいました。
また防腐作用や殺菌効果の高いことから、笹団子、笹あめ、笹寿司、笹酒、チマキなど食品を包んだり、寿司や刺身の添え物としても利用されてきました。
現在でも石川県ではサケ、マスなどを押し寿司にして笹で包んだ「笹寿司」が有名。また、駅弁などでも有名な富山県の「ます寿司」にも、笹が使われています。
東北地方では胃腸薬、高血圧、喘息、風邪の時には隈笹の煎じ薬をのんでいたと言われています。また、やけどや切り傷、湿疹にあせも、虫刺され、口臭や体臭を消すことにまで、暮らしに深く浸透していたといわれています。

隈笹エキス

メンバー募集
シークレットセール入り口
sasamaru
友だち追加

クマ笹エキス
niowan
sasa
facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

QR

ページトップへ