熊笹に含まれる笹多糖体って何?体が喜ぶ多糖体とは?

多糖体とは クマ笹エキスを楽しむ
この記事は約4分で読めます。

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っています。その細胞の、一番外側にある膜を形成しているものは「多糖体」と呼ばれ、大切な細胞の内容物をしっかり守る役目を果たしています。この多糖体が不足すると、徐々に細胞が弱っていき、さまざまな病原体に侵されてしまう危険性が高まるばかりか、栄養分の吸収、老廃物の排出がうまくいかなくなってしまいます。

熊笹が持つ笹多糖体とはいったいどういうものなのか?

クマザサが持つ「クマザサ多糖体」は、人間の細胞膜と非常に馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。「細胞が元気であること」イコール「生体防御機能が働いていること」すなわち「健康」であるということなのです。

「多糖体」とは、「単糖」が何十~何百と結合したものです。配糖体結合で縮合して出来たものを総称してこう呼びます。ですからデンプン、セルロース、寒天、水飴だって多糖体と言えます。多糖体は植物だけでなく、人間の体内や動物、細菌の中にだって存在しているのです。また、「多糖体」には人間の体に有効に働くものと、そうでないものがあります。前者を活性型多糖体、後者を非活性型多糖体と言います。

・活性型多糖体例 …… クマザサ多糖体、霊芝多糖体、クロレラ多糖体
・非活性型多糖体例 …… セルロース、寒天など

細胞膜の構造

多糖体なら何でもいいの?笹多糖体をササランドが進める理由

多糖体はそれらの由来する動植物(またはその部分)によってその働きが違いますから、「クマザサ多糖体」であろうとも、葉からの多糖体と根からの多糖体では働きが違います。ですから、一口に多糖体と言っても、すべてが同じなのかと言うと、これはまったく別物なのです。例えば、漠然と「たんぱく質」と言っても、髪の毛や爪、牛肉の中のたんぱく質とではそれぞれが違うものであるように。

このように多糖体でも、それが活性型であるか、非活性型であるか、また活性型でもクマザサ多糖体であるか霊芝多糖体、クロレラ多糖体であるかによってまったく違った働きを体の中で現します。だからこそ自分に合った良質の多糖体を選ぶことが肝心なのです。

国内産の熊笹と水だけで作られたサプリメント「クマ笹エキス」。健康産業新聞では毎年特集が組まれる、健康業界注目の健康食品です。

熊笹濃縮エキスは飲みやすく、手軽に始められる健康食品です。

熊笹に含まれる多糖体について解説しましたが、このほかにもクマザサには豊富な食物繊維、 リグニンのほかビタミンA,B1,B2,B6,B12,C,E,Kなどをはじめとする各種ビタミン、カルシウム、ミネラルの他いまだ未知の成分が多数含まれ、健康はもちろんのこと美容面でも効果が高い有効成分がたくさん含まれています。
ササランドでは複数の種類の熊笹エキスを取り扱っていますが、どのクマ笹エキスも長い間、健康な方はもちろん、様々なお悩みをお抱えのお客様からも愛される安心の品質の健康食品です。

クマ笹に含まれる笹多糖体というたんぱく質は、人を始めとする動物の体内で細胞膜を修復する働きをサポートする成分になります。その笹多糖体が持つ細胞膜修復機能によって、傷ついた体の内外の細胞を元の状態に戻すサポートをします。薬とは違い即効性のあるものではなくじっくりと体質改善を促すものです。そのため用法や容量といった概念はなく、食事との食べ合わせや飲み合わせを気にする必要はありません。
体調により味の感じ方に変化が日々ありますので、その日に一番「おいしい」と思える量がベストです。星製薬の担当者によると濃いめから初めて徐々に薄めていくと適量が見つけやすいそうです。またほかの糖類に影響を受けないために空腹時に飲むことをお勧めしています。

メーカー、形状はさまざま。一番好きな熊笹エキスを見つけよう

ササランドには、クマザサの濃縮エキスのほか、顆粒タイプもご用意。サイズも1回分を小分けにした携帯仕様や、約1ヶ月は利用できる47グラム入りなど、様々なタイプをご用意しております。クマザサエキスの一覧はこちら

クマザサエキスでご家族全員と、ペットのワンちゃん&猫ちゃんの健康をやさしくサポート!続けることで、毎日健康を感じてみてください。

タイトルとURLをコピーしました