免疫力を高めるために必要な栄養素が摂れるサプリメントとは?おすすめの免疫力サプリについて解説!

免疫力を守る栄養素すべてのページを見る
この記事は約5分で読めます。

体を守る免疫力について、今世界中で関心が高まっています。
血圧や血糖値とは違い、健康診断では「免疫力」という項目はありません。免疫力とは一体何を表す指標なのでしょうか。

免疫力とは?

そもそも免疫力とは一体何なのでしょうか。
免疫力とは、「病気から体を守る力」の事です。免疫力を何かしらの数値で表すことはできません。
免疫にはいくつかの種類があります。

私たちはそれぞれ体の中に「自然免疫」と呼ばれる病気の原因が体内に入ってきたときに病気と闘う力をもともと持っています。

細菌やウイルスのような病原菌と呼ばれるからだにとって有害な異物が体内に侵入すると、体が元々持っている免疫システムが働き、侵入してきた異物から体を守ります。

その他の免疫について、わかりやすい身近な例を挙げてみましょう。
子供のころに一度かかった病気には、二度とかからない。といった話を聞いたり体験したことはありませんか?
これは体の中で病気に対する抵抗ができる生体反応(獲得免疫)によるものです。

これらの免疫機能がしっかりと役割を果たす状態を「免疫力が高い」と言い、逆に病原菌やウイルスなどの異物から体を守る力が弱まっている状態を「免疫力が下がっている」と表します。同じ環境にいても病気になる人と、病気にならない人がいるのはこの免疫機能の個人差によるものです。

免疫力が下がると病気だけでなく、肌荒れやアレルギーなどの症状も出やすくなると言われています。

栄養と免疫力

免疫力と栄養バランス

現代人は食の選択肢が増え、食べたいものを選んで食べられるようになりました。
栄養バランスは気にしているつもりでも、ついつい好きなものやすぐに食べられるものを選んでしまう人も少なくありません。

今、食事はたくさん食べているけど栄養不足。といった状態に陥る人が世界中で多くいると言われています。
食事の栄養バランスが崩れると健康状態への影響はもちろん、免疫機能にも影響を及ぼします。

免疫機能を高く保ったまま過ごすためには、なるべく食事は手作りで栄養価の高い物を選ぶことがポイントです。
厚生労働省が発表している一日当たりの摂取目安量を見ながら、足りない栄養素を3食で補えるように食べるものを調整するのも良いかもしれません。
また加工食品は手軽に食べられますが、糖質や脂質の摂りすぎによる栄養バランスの崩れも気になりますので、注意が必要です。

免疫力をサポートする栄養素とは?

免疫力を保つために必要な栄養素として挙げられる代表的な物は、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンEと亜鉛の5つです。
特にビタミンA、D、C、Eは昔の日本人がしていたような魚介類やフルーツを摂る食生活においては充分な量が摂取できていましたが、近年の日本人は肉やパンなどを中心とした欧米的な食習慣をしている人も多く、その場合はビタミン各種の摂取量が不足してしまう事がありますので、注意が必要です。

日本人は45年の間にフルーツの摂取量が半減したと言われています。
フルーツにはビタミンを始め多くの栄養素が含まれています。
食事の際にはデザートとしてフルーツを摂り入れるのも有効です。

栄養と免疫力

免疫力を保つ栄養素をサプリで摂るときの選び方のポイントは?

食事だけで免疫力を保てる栄養を、毎日充分摂れているならサプリメントは必要ありません。
ですが、自分がどんな栄養素をどれだけ取っているかをきっちりと毎日チェックしている人は、あまりいないと思います。

そこで手軽に足りない栄養素を補給し、免疫力維持をサポートするために使われるのが「サプリメント」です。
昨今では免疫力に関する関心が高く、様々な説があり、いろんな栄養素のサプリメントが売られています。
それらのサプリメントは免疫力のサポートを謳って販売されていますが、一体どのような栄養が良いのか。何を基準にを選んだら良いのでしょうか?

免疫力サプリは一つで複数の栄養素が取れるものが簡単で◎。

たくさんの栄養素を効率よく摂れるサプリメントは、数えきれないほどの種類があります。
一つ一つの栄養素を、サプリメントごと一個づつ用意して飲むのは、なかなかの労力や資金が必要となり負担に感じてしまいます。
また飲み方も1日1回だけのもの。3回飲むもの。2回がおすすめ。など、バラバラになってしまうことも。

そこで免疫力をトータルでサポートしてくれるサプリメントを探して、複数の栄養を一つのサプリで取れるのが簡単です。
基本的には毎日続けることが望ましいとされていますので、精神的にも経済的にも負担にならず、長く続けやすいのがメリットです。

免疫力サプリは添加物のない。または少ない物を選びましょう

先ほど加工食品は添加物が多いのでなるべく食べない方が良い。と書きましたが、どれだけ食事を気をつけていても免疫力を保つためのサプリメントに添加物が入っていては本末店頭です。
成分表示をよく見て、せっかくとった免疫力に必要な栄養が無駄にならないようなサプリメントを選びましょう。

免疫力に良い栄養素を摂り始めたら、3週間から1か月程度は様子を見ましょう。

免疫力を高めるために足りない栄養素を補うサプリメントは、薬ではありません。あくまでも食品であり、「栄養補助」が目的です。
サプリメントは飲み続けることで体質を変えいき、それによって効果を実感していくものなので、飲み始めて「翌日から効果を感じた!」ということはあまりありません。
多くの免疫力維持を謳うサプリメントは3週間から1か月分の目安量を一袋として販売されていますのはそのような理由がありますので、すぐに効果を感じなくても一袋は飲み続けてみてください。

またここがポイントなのですが、多くの人は飲んでいるときは身体の変化を何も感じません。
ところが、「飲むのを辞めたらなんだか体が重く感じるようになった」という声が上がることが良くあります。

免疫力という目に見えない基準を得るためにサプリメントを使うことをお勧めしていますが、辞めた時に全身の重さを感じるようであれば、それはその時に効果を感じられた。という解釈ができると思います。

サプリメントは往々にしてそのようなことが起こるものです。

充分な栄養を摂って免疫力を高く保つために

免疫力を高く保つためには栄養バランスが大切だということを皆さんにご紹介しました。
免疫力は数値で目に見てわかるものではありませんので、自分の本来の状態を把握しておくことが重要なポイントとなります。

運動や睡眠、生活習慣によっても免疫力は変わってきますので、正しく知ってうまく付き合う事で、もしもの場合に備えができていることになります。
免疫力が高い状態を保つことを意識して、毎日過ごしたいですね。

ホシ隈笹エキス

タイトルとURLをコピーしました