糖尿病に熊笹エキスはいいの?成人の●人に一人が糖尿の時代はもう来ている!

熊笹と糖尿病 クマ笹エキスを楽しむ
この記事は約3分で読めます。

熊笹は糖尿病の人が飲んでも大丈夫?時々そのような問い合わせをいただくことがあります。
糖尿病(ここでは2型糖尿病を指します)は体質的な遺伝や、食生活の乱れからカロリー過多になり、すい臓のランゲルハンス島の細胞から分泌されるホルモンのインスリンが減少して起こる病気です。
カロリーを摂りすぎる過程を経るために、肥満とは深い関係があります。

糖尿病とはインスリンというホルモンの不調によって血糖値の上昇を抑える働きが低下してしまう病気です。
自覚症状がないまま重篤な状態になるまで気づかず、網膜症や腎症・神経障害の三大合併症を伴うこともあることです。
三大合併症は微細な血管に障害が怒ることで発症し、より大きな血管が動脈硬化を起こすことで心臓病や脳卒中を引き起こすこともあります。
発症を防ぐためには生活習慣の改善がとても大切です。毎日の積み重ねで健康な毎日を心がけましょう。

糖尿病と熊笹

成人の6人に1人!?遺伝的要素も大きな要因

糖尿病が重症化するときに、血液中の糖が尿にあふれ出ることで甘い香りがすることが名前の由来とされているのですが、実際の診断は空腹時の血糖値等の血液検査によって行われます。
糖尿病は1型糖尿病(インスリン依存型)と2型糖尿病(インスリン非依存型)の二つに分類されます。
1型は自己免疫疾患等が原因となり、インスリン分泌細胞が破壊され、自己注射による投与が必要となります。
一方で2型は遺伝的要因に加え、暴飲暴食・過食や運動不足などの様々な要因が重なって発症します。
その他には特定の疾患や妊娠糖尿病がありますが、現在多くの糖尿病で悩む方はほとんどが2型糖尿病によるもので、日本人で可能性が否定できない。もしくはその疑いがある人は成人の6人に1人。約1870万人にのぼっているそうです。

あなたのカラダは酸性?アルカリ性?

インスリンの働きは血液中の糖をグリコーゲンという形に変えて肝臓に蓄えることです。そしてその働きは血液がアルカリ性に傾いているときほど活発になるそうです。言い換えれば糖尿になりかけているとき人のカラダは酸性に傾いているのです。クマ笹にはビタミンKがたっぷり入っていますので、補給してあげることで体をアルカリ性にする働きをサポートします。

国内産・天然素材にこだわる熊笹エキス

熊笹エキスには、インスリンを分泌しすぎて疲労しているすい臓の細胞を包み込む働きがあるといわれています。 人間の細胞膜は熊笹エキスに含まれる多糖体と親和性があることから、細胞膜を復元することは健康な細胞づくりにつながります。これはすい臓にも同じことが言え、すい臓でインスリンを分泌するランゲルハンス島の細胞を蘇らせる手助けができると言われています。
ただし、お医者さまから飲み薬やインスリン注射を処方されている方が、自己判断でそれらを止めてしまい、熊笹エキスだけを飲む、という行為は絶対に避けてください。

熊笹の葉には古くから知られる殺菌成分のみならず、大切な栄養がたっぷり含まれています。

熊笹に含まれる多糖体は、糖尿病に限らず健康を維持するために有効な成分と言われています。その多糖体は熊笹の葉1枚当たりにはそんなに入ってはいませんが、濃縮した熊笹エキスにすることで効率よく体に補給することができます。人間はもちろん、今ではペットの 健康維持の観点からも注目を集めており、健康産業新聞では毎年特集を組まれるほどの人気の健康サプリメントです。ほのかに黒糖にも似た甘い味と豊潤な香りで毎日の健康維持をサポートします。

参考サイト:厚生労働省:e-ヘルスネット
参考文献:理学博士 後藤 迅織氏:驚異のクマ笹健康法

タイトルとURLをコピーしました