熊笹エキスの製造の秘密について知りたい!煮詰めて瓶に入れてものじゃないの?

熊笹エキスの製造方法は? クマ笹エキスを楽しむ
この記事は約2分で読めます。

熊笹エキスの種類による違いは?

クマ笹エキスはいろんなメーカーによってつくられていますが、見た目は同じだしネットで見る限り香りや透明度などは比べようもないし…きっと皆さまそんな不安を感じているのではないでしょうか?
容量やお値段はピンキリ…口コミもあまりあてにならないし。普段店頭であまり目にする機会のないクマ笹エキスだからこそ、どのように違うのか皆さん知りたいですよね!
そこで隈笹エキスの違いについて、ささまるが迫ってみました!

メーカーのノウハウが詰まっている!

星製薬の場合

まず国内産の熊笹を専門のクマ笹農家さんに採ってきてもらいます。採れたてのクマザサの葉を、最低2年から3年乾燥させます。
こうすることによって独特のクセがなくなり、疑わしい毒性も分解され、熟成されることで有効成分だけが残るようになります。
乾燥させたクマザサの葉へ、水を加えて火にかけることで加熱抽出します。滑らかで濃厚な熊笹エキスを作るためには、それをしばらく続けしっかりと成分を抽出できてから、灰汁の強い上部とカスの溜まりやすい下部を取り除き、液体の真ん中部分の不純物の少ない濃厚な部分だけを遠心分離機で取り出します。
ちなみにしっくりと抽出した後の残りカスには有効成分もありませんし、臭みや異物感がありますのでこちらは使用しません。
このように書くととても簡単にできているかのように見えますが、実際の工場ではとても丁寧で繊細な作業が行われています。また煮詰めることで濃縮されています。

こうして取り出した濃くて澄んだ熊笹エキスには、人間の体に不足しがちなグルコース、マンノース、アラビノースといったクマザサ多糖体をはじめ、豊富な栄養素を含んだ濃縮エキスとなります。
これらのクマザサ多糖体やその他の栄養素が細胞をしっかり包み、カラダ本来の状態へと戻す働きをサポートしてくれるのです。高濃澄のように丁寧に抽出したクマザサエキスであればあるほど、その効果は高いと言ってもいいでしょう。

トーヨーケムの場合

北海道で年々少なくなってきているクマ笹農家さんが丹精込めて育てた肉厚のクマ笹をたっぷりと刈り取り、千歳にある自社工場に運びます。クマ笹に含まれている希少な「キシロオリゴ糖」をより多く抽出することを目指し、自社で培った抽出・精製技術の中でも一番有効な「蒸煮抽出法」を発明し、抽出しています。その他にもポリフェノールや有機酸など体が喜ぶ様々な成分を含む隈笹エキスが人気です。
残留農薬はもちろん不検出。安全性試験でも高い安全性を確保しています。クマ笹エキスは人へのサプリメントとしてのみならず、美容用途や動物へのサプリメントとしても使われています。
トーヨーケムのクマ笹製品情報はササエキスの安全性から確認できます。

クマ笹エキスメーカーの工場

タイトルとURLをコピーしました