熊笹エキスと熊笹茶は同じもの?ちがいを教えて!

熊笹茶と熊笹エキスクマ笹エキス
この記事は約3分で読めます。

「熊笹の多糖体を補給すると体にいいなら、熊笹茶を飲もう!」
このサイトを見てそう思われた方もいるのではないでしょうか?
熊笹の葉から抽出したお茶、熊笹茶は見た目は熊笹エキスとそっくりで、単価も安く様々なところで売られているので気軽に手にすることができます。熊笹エキスと熊笹茶ははたして同じものなのでしょうか?

見た目はそっくり!だけど原料の量の差がある熊笹茶

隈笹茶は刈り取った葉っぱを、刻んでからじっくりと蒸し、乾燥させて作ります。その原料となる熊笹は、見た目の葉の数そのものです。
お湯を注ぐことによって広がった茶葉から抽出される隈笹の風味と優しい香りを楽しむお茶です。

一方、熊笹エキスは圧力や高温で隈笹から抽出したエキスを煮詰めることで濃縮し、不純物や灰汁を取り除いた飲み物です。
目薬のように滴下するボトルに入っていて、お湯や水に数滴垂らして飲むものです。
契約農家の農場で採ってきた肉厚でしっかりとした隈笹の葉を、高圧高温で蒸しあげ繊維を壊してから、注目成分を抽出します。その後、栄養分をほとんど含まなくなった不純物を取り除く作業と灰汁を除く作業を繰り返すことで、純度の高い口当たりの良い濃縮エキスとなります。
実際にボトルに詰められているエキスができるまでにはたくさんの工程が経られ、その抽出には見た目の何倍もの熊笹の葉が原材料として必要になります。
香りや見た目は熊笹茶にとてもよく似ていますが、隈笹エキスはコップ1杯あたりに含まれる熊笹成分の割合はとても多く、効率よく多糖体を補給することができます。
熊笹エキスと熊笹茶

隈笹エキスの方が値段が高いのはなんで?

ここまで読んだ方の中にはすでに気づかれている方もいるかもしれませんが、純粋に原材料となる熊笹の量が違えば価格にも反映されてきます。
また今日現在、日本国内で高品質の熊笹を栽培している農家さんの数は徐々に減ってきているため、希少価値も高まって熊笹の葉はとても貴重なものになりつつあります。
そんな農家の方が丹精込めて大切に育てた熊笹の葉を、メーカー各社が日本国内の自社工場において様々な技術を駆使して注目成分をより多く残したまま抽出し、高純度で高濃度の質の良い熊笹エキスを作っています。商品価格は皆様により手に取りやすくあることが一番です。もちろんそのことは大切ですが、これからも作り続けていくために必要な費用が発生することもご理解いただけると幸いです。

隈笹エキスは健康維持をトータルサポートします

隈笹にはオリゴ糖やポリフェノールと言った多糖体を始め、様々な栄養素が含まれています。美肌に欠かせないビタミンC、腸内環境にも働くビタミンKをはじめ、細胞を包み込み健康維持のお手伝いをする有効成分がぎっしりと詰まっています。
それらを体に補給してあげることで皆様の充実した毎日をサポートすることができたらいいなとササランドは考えています。
黒蜜にも似たとろみのある液体で水やお湯にお好みの濃さに薄めて使いますが、味の感じ方は実は毎日違うというメーカー担当者の話。体の中の状態(酸性かアルカリ性か・疲れているかいないか・どこか弱っているところがあるかなど)によって、甘く感じたり苦く感じたりします。その中でおいしい!とかんじる濃度が必ずあるので、その濃さがその時のあなたに一番ぴったりの濃度なんですよ。と言っていました。
体が欲するものを欲する濃さで飲む。これが一番効果的な隈笹エキスの飲み方です。

クマザサエキスでご家族全員と、ペットのワンちゃん&猫ちゃんの健康をやさしくサポート!続けることで、毎日健康を感じてみてください。

タイトルとURLをコピーしました