自律神経を整える飲み物とは?絶対に試してみて欲しいおすすめの飲み物を紹介!

自律神経を整える飲み物クマ笹エキスを楽しむ
この記事は約5分で読めます。

自律神経は私たちの健康を支え、守る役割をはたしています。その自律神経が乱れるとふらふらしたり、気持ちが落ち込んでしまうといった体調不良を起こすことがあります。
自律神経の乱れは心とカラダの不調につながるため、普段から意識して生活することが大切です。

自律神経とは?

自律神経とは私たちの血圧や呼吸数、体温などの生命維持に欠かせない器官を調整している神経系です。
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つからできており、その二つがバランスを取り合うことでさまざまな状況に対応できる体が維持されています。
交感神経は活動的な状態の時に働き、副交感神経はリラックスした状態の時によく働きます。
しかし、自律神経が乱れてしまうと、その二つの神経はうまく役割を交代することができなくなり、夜中に活発な状態(不眠)や昼間にリラックスした状態(頭がボーっとする)となって現れたりします。
自律神経は自分で意識してコントロールすることができないため、自律神経を整えるための食事や生活を意識して過ごす事が大切です。
自律神経について詳しくは腸の働きと自律神経の働きの相関関係についてのページをご覧ください。

自律神経

自律神経を整えるための生活習慣とは?

自律神経を整えるためには生活習慣を整えることが効果的です。どんなに栄養を意識して体内から自律神経を整えていても、生活習慣が乱れていては効果は半減してしまいます。無理せずにできる範囲から始めることが長続きのポイントです。では自律神経の乱れを整えるための方法をご紹介します。

適度な運動

心地よい疲労感を感じられる程度の運動は、自律神経を整えることにつながります。適度な運動といっても突然スポーツジムなどでへとへとになるまでやってしまうと、やらないとならないストレスや費用をかけたことによるプレッシャーから逆効果になってしまうこともあります。まず最初は散歩やウォーキングなど思い付きでできるような事から始めてみましょう。
軽いストレッチやヨガの動画もインターネット上にはたくさんありますので、楽しんでできるものがおすすめです。
運動で自律神経を整える

充分な睡眠

副交感神経が働いてリラックス状態になる睡眠は、細胞の修復が行われる大事な時間です。自律神経を整える役割も果たしますのでしっかりと質の高い睡眠の為の時間を充分確保するようにしましょう。運動を合わせて行うことで、疲労感で吸い込まれるように睡眠に入れることもあるかもしれません。
睡眠で自律神経を整える

入浴

日本国内では湯船で体を温める入浴が一般的です。シャワーだけで済ますと、リラックスに必要な副交感神経が充分に働けないまま終了してしまいますので36℃~40℃くらいのぬるま湯にゆったりと浸かる入浴をしましょう。入浴剤を使うことでリラックス効果を感じるのも◎。ストレス解消にもなります。
入浴で自律神経を整える
都内人気スパでも使われているおすすめの保湿入浴剤はこちらから

自律神経を整える栄養素とは?

自律神経を整えると言われる食材にはたくさんの種類があります。
中でもおすすめの栄養素と摂取方法について紹介します。

オリゴ糖

オリゴ糖は便秘などのお腹の調子を整えるイメージが強い栄養素です。
実は腸の健康状態は自律神経のバランスと深く関わっており、腸を整える「腸活」を行うことで自律神経の乱れをサポートする事ができるのです。
腸活はその他にもお肌をキレイにしたり、不要物を排泄したりといいことづくめです。
詳しくは腸の働きと自律神経の働きの相関関係についてのページをご覧ください。

GABA

ストレスを緩和することで人気のGABAは脳や神経をリラックスさせる作用があります。元々は人間の脳や神経の中にもある神経伝達物質で、自律神経を整えるためには欠かせない成分です。一日の摂取量目安は成人で30~100mgと言われています。
GABAはチョコレートや発芽玄米、発酵食品やきのこなどが人気ですが、日本古来の植物である熊笹にも豊富に含まれています。

GABAでリラックス
熊笹に含まれるGABAとラフマで質の良い睡眠を取れるサプリ「ささすや」はこちらから

タンパク質やビタミンB6

GABAを補給することも大切ですが、体内で作られるGABAの量を増やすことも取り入れてみましょう。
体内でGABAであるアミノ酸の代謝を促すためにはビタミンB6が必要です。
タンパク質にはビタミンB6が豊富に含まれていますので積極的な摂取が望ましいとされています。

ビタミンB6を豊富に含む食材
・にんにく
・魚
・ヒレ肉(赤身肉)
・ささみ
・バナナなど
ビタミンB6

ビタミンD

ビタミンDは脳で興奮物質が分泌されたときにその働きを抑える「セロトニン」を調整することがわかっています。メンタル症状がある場合には積極的に摂ることがおすすめです。またビタミンと言えば野菜に多く含まれているイメージですが、主な摂取源は魚類や肉類、卵などに多く含まれています。
カルシウムのバランスを整えるのにも効果があると言われています。

自律神経を整える飲み物

自律神経を整えるために必要な成分は飲み物からも摂取することができます。
おすすめの飲み物をご紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルトはたくさんの健康効果でとても人気があります。中でも食べるためではなく、飲むヨーグルトも一般的になり、たくさんの種類から選ぶこともできるようになりました。胃腸をいたわるオリゴ糖がプラスされているものを選ぶのがポイント。プレーンに自分で追加するのもおすすめです。

ココア

ココアにはGABAを含んだものが多くあります。GABAを補給することで、先述の通りリラックスを促し自律神経に働きかけます。
また牛乳と合わせることで、たんぱく質やビタミンを補給できます。

ホットミルク

暖かい牛乳にはリラックス効果があります。睡眠前に飲むことでカラダの中から暖まり、級長が和らぐことでぐっすりと休息をとることにつながります。

クマ笹エキス

クマ笹にはアミノ酸が豊富に含まれています。また動物の細胞膜と相性の良いササ多糖体という成分がカラダの中から健康維持をサポートします。
飲むことでカラダの中の細胞にも直接触れ、免疫力維持を助けてくれます。

クマザサエキス

自律神経を整える飲み物を上手に摂ろう!

自律神経はここまで説明した通り、私たちの健康維持の重要な役割をはたしています。
食事や生活習慣を見直すことで、心身のバランスを整えて病気に負けない体を作っていきましょう。


ホシ隈笹エキス

タイトルとURLをコピーしました