免疫力を高めると言われている隈笹エキス。インフルエンザや風邪予防に 

熊笹(くまざさ)解説

自律神経ってどんなもの? 隈笹との関係は?

皆さん、こんな経験はないでしょうか? 肩こりやめまい、食欲不振など体のあちこちに変調があり、あわてて病院で検査するも、医師からは「異常ありません」の一言。薬をもらって飲んでみたけれど、症状は改善しない…。

これは体からのSOSサインかもしれません。

1.自律神経は2種類

人間の体は心臓、肺、筋肉など、さまざまなパーツが集まって出来ています。それらパーツの働きを指示するのが脳であり、指示を伝達するのが神経です。『自分の意思でコントロール出来ない器官』に関わり、体の内部や、周りの環境の変化に応じて生命維持機能を調整するのが脳の視床下部であり、そして自律神経と呼ばれるものです。自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

この二つは、車のアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)に例えられます。内、外部の変化によって交感神経が優位になると、体の器官はそれに対応するように活動を起こし、逆に副交感神経が優位になると、器官は休息をとる状態になってきます。つまり、人間が活動するときは交感神経、休む時は副交感神経が働きます。人間の体はこの二つの神経のバランスで生命を維持しているのです。

2.自律神経とストレス

先ほど『内、外部の変化に応じて』と記述しましたが、この変化とはストレスと言い換えることも出来ます。例えば気温の変化というストレスは交感神経を活発にして発汗を促進、または抑制して対応を一定に保とうとします。

このように自律神経はストレスと密接に関連しており、これは体だけでなく、心のストレスに対しても同様です。現代はストレス社会。仕事上の人間関係や、時間や責任に追われる日常から知らないうちに発生する精神的ストレスは想像以上です。

さらに、人間も自然の一部ですので、本来ならば朝起きて、昼活動し、夜は休息をとる、といった自然のライフサイクルが望ましいのですが、なかなかそうはいかないものです。そして、自然のサイクルに反した生活環境を繰り返すと、常に交感神経が働いています。この状態は、先ほどの車に例えるならアクセルを踏みっぱなしの状態。そうなれば、エンジンなどに大きな負担が掛かり、故障しかねません。つまり、交感神経優位の状態が続くことから起こる肉体的な変調、これが自律神経失調症と呼ばれるものです。

ちなみに、症状的にうつ病や心身症と混同される場合もあります。

3.治るも治らないも自分次第

それでは自分が自律神経失調症だとしたら、どうしたらよいのでしょうか? 

まずは医師の診察を受けるのが第一です。最近では、心と体の両面から治療を行う心療内科があり、そこで投薬やストレスの原因を見つけ、取り除くための心理療法を行います。同時に自分自身を見つめながら生活サイクルを改善していくことも治療に繋がります。

例えば、規則正しい生活を心がけ、仕事(勉強)するときはする、遊ぶときは、運動や趣味を見つけてそれに打ち込む。休む時はしっかり休むというように、生活にメリハリをつけること。そして、物事を前向きに考える、俗にいうポジティブシンキングの発想も大切です。

慣れないうちは取り組みにくいこともあると思いますが、無理をする必要はありません。心をゆったりとリラックスさせて、少しずつ出来ることを見つけ、生活環境を整えていく。そんな時に隈笹エキスを活用をしていただければ、高ぶった神経を沈めたり、リラックスを促す働きが、生活改善のお手伝いになると思います。

現代社会で生活する私たちの身の回りには、自律神経失調症を触発する要因がたくさん渦巻いています。誰もが発症の可能性を持っているのです。何か変調を感じたら、ちょっと立ち止まり、深呼吸をして、生活を見つめ直してみてはいかがでしょうか。新しい自分に出会えるチャンスになるかもしれません。

メンバー募集
シークレットセール入り口
クマ笹エキス
niowan
sasa

facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

ページトップへ