隈笹エキスで風邪やインフルエンザに負けない体づくりを! 

熊笹(くまざさ)解説

クマザサ多糖体って何?

クマザサ多糖体の重要な役割り

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っています。その細胞の、一番外側にある膜を形成しているものを「多糖体」と呼び、大切な内容物をしっかり守る役目を果たしています。この多糖体が不足すると、徐々に細胞が弱っていき、さまざまな病原体に侵されてしまう危険性が高まるばかりか、栄養分の吸収、老廃物の排出がうまくいかなくなってしまいます。

クマザサが持つ「クマザサ多糖体」は、人間の細胞膜と非情に馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。「細胞が元気であること」イコール「生体防御機能が働いていること」すなわち「健康」であるということなのです。

「多糖体」とは、「単糖」が何十~何百と結合したものです。配糖体結合で縮合して出来たものを総称してこう呼びます。ですからデンプン、セルロース、寒天、水飴だって多糖体と言えます。多糖体は植物だけでなく、人間の体内や動物、細菌の中にだって存在しているのです。また、「多糖体」には人間の体に有効に働くものと、そうでないものがあります。前者を活性型多糖体、後者を非活性型多糖体と言います。

  • 活性型多糖体例 …… クマザサ多糖体、霊芝多糖体、クロレラ多糖体
  • 非活性型多糖体例 …… セルロース、寒天など

多糖体はそれらの由来する動植物(またはその部分)によってその働きが違いますから、「クマザサ多糖体」であろうとも、葉からの多糖体と根からの多糖体では働きが違います。ですから、一口に多糖体と言っても、すべてが同じなのかと言うと、これはまったく別物なのです。例えば、漠然と「たんぱく質」と言っても、髪の毛や爪、牛肉の中のたんぱく質とではそれぞれが違うものであるように。

このように多糖体でも、それが活性型であるか、非活性型であるか、また活性型でもクマザサ多糖体であるか霊芝多糖体、クロレラ多糖体であるかによってまったく違った働きを体の中で現します。だからこそ自分に合った良質の多糖体を選ぶことが肝心なのです

隈笹エキス

クマ笹の効果・効能 メニュー

メンバー募集
シークレットセール入り口
クマ笹エキス
niowan
sasa

facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

ページトップへ