隈笹エキスで風邪やインフルエンザに負けない体づくりを! 

熊笹(くまざさ)解説

人間とクマザサの歴史

薬がなかった時代から「クマザサ」は大活躍の働き者だった!!

中国最古の薬物書「神農本草経」にも漢方薬として紹介されているほど、遠い昔から健康を支えてきたクマザサ。外界から離れ、霞を食べて生きてきたといわれる不老長寿の「仙人」は、実はクマザサを食べていたと伝えられてもいます。このほか、クマザサは李時珍の記した『本草網目』にも「じゃく」として収載されています。その中で、クマザサは次のように述べられています。

  • 気 味……甘し、寒にして毒なし
  • 主 治……男女の吐血、嘔血、下血、小便渋滞、喉痺、腫瘍を治す

日本でも昔からクマザサは生活の中で広く使われていました。その昔、山仕事や旅の途中で食べるおにぎりや餅を包んだのは、クマザサの葉です。また、笹団子、笹あめ、笹寿司、笹酒、チマキ……防腐作用や殺菌効果の高いクマザサを使った食べ物は、昔からこんなにたくさんあったのです。

今ほどたくさんの薬がなかった昔、人々は民間治療薬で病気や怪我を治していました。そこで大活躍したのはクマザサでした。東北地方では胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪の時にクマザサのせんじ薬を飲んでいたと言います。また、やけどや切り傷、湿疹にあせも、虫さされ、はては口臭や体臭を消すことにまで、暮らしに深く浸透していたのです。

隈笹エキス

クマ笹の効果・効能 メニュー

メンバー募集
シークレットセール入り口
クマ笹エキス
niowan
sasa

facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

ページトップへ