免疫力を高めると言われている隈笹エキス。インフルエンザや風邪予防に 

熊笹(くまざさ)解説

クマザサで風邪対策(1)

風邪にかかってしまったら?

まずはバランスのとれた栄養をとりましょう。風邪を治すにはやはりビタミンCが必要です。ウィルスに荒らされた細胞の再生を1~2週間で回復するように助けます。ただし、本格的な風邪の時には、通常の5~10倍は必要となるので、とても食事からでは摂りきれないのが現状です。そこで健康補助食品等で、補うのも良い事でしょう。

細胞の再生に良いとされている自然のものでは「クマザサ」もその一つです。人間は、約60兆個もの細胞から出来ていて、毎日生まれてくる細胞、死んでいく細胞とがあります。それら細胞に何らかの攻撃が加わると、傷つき、それが免疫カの弱まる原因の1つとなります。それら細胞を修復、保護をする作用が「クマザサ」には含まれています。ぜひ風邪を引きやすい人には毎日のクマザサ製品の服用をお勧めします。

このほかにも、普段からウォーキングなどの運動もお勧めです。軽い有酸素運動は血行が良くなり、白血球のパトロール回数が多くなるので、風邪にかかりにくくなります。また、なるべく人ごみは避けたほうがよいでしょう。人が集まる場所にはウィルスも集まっているからです。

喫煙者のかたで毎年、風邪をひきやすいという場合は、たばこの影響も無視出来ないと思えます。たばこ1~2本でも大量のビタミンCが破壊され、のどの修復が遅れてしまうからです。喉がいがらっぽいな…、と感じたときにはすぐにうがいをし、「笹のど飴」で喉を潤してあげましょう。日常のちょっとした心がけで抵抗力を高め、風邪を「未病」していただければ、と思います。

隈笹エキス

自律神経ってどんなもの? 隈笹との関係は?

皆さん、こんな経験はないでしょうか? 肩こりやめまい、食欲不振など体のあちこちに変調があり、あわてて病院で検査するも、医師からは「異常ありません」の一言。薬をもらって飲んでみたけれど、症状は改善しない…。

これは体からのSOSサインかもしれません。

1.自律神経は2種類

人間の体は心臓、肺、筋肉など、さまざまなパーツが集まって出来ています。それらパーツの働きを指示するのが脳であり、指示を伝達するのが神経です。『自分の意思でコントロール出来ない器官』に関わり、体の内部や、周りの環境の変化に応じて生命維持機能を調整するのが脳の視床下部であり、そして自律神経と呼ばれるものです。自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

この二つは、車のアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)に例えられます。内、外部の変化によって交感神経が優位になると、体の器官はそれに対応するように活動を起こし、逆に副交感神経が優位になると、器官は休息をとる状態になってきます。つまり、人間が活動するときは交感神経、休む時は副交感神経が働きます。人間の体はこの二つの神経のバランスで生命を維持しているのです。

2.自律神経とストレス

先ほど『内、外部の変化に応じて』と記述しましたが、この変化とはストレスと言い換えることも出来ます。例えば気温の変化というストレスは交感神経を活発にして発汗を促進、または抑制して対応を一定に保とうとします。

このように自律神経はストレスと密接に関連しており、これは体だけでなく、心のストレスに対しても同様です。現代はストレス社会。仕事上の人間関係や、時間や責任に追われる日常から知らないうちに発生する精神的ストレスは想像以上です。

さらに、人間も自然の一部ですので、本来ならば朝起きて、昼活動し、夜は休息をとる、といった自然のライフサイクルが望ましいのですが、なかなかそうはいかないものです。そして、自然のサイクルに反した生活環境を繰り返すと、常に交感神経が働いています。この状態は、先ほどの車に例えるならアクセルを踏みっぱなしの状態。そうなれば、エンジンなどに大きな負担が掛かり、故障しかねません。つまり、交感神経優位の状態が続くことから起こる肉体的な変調、これが自律神経失調症と呼ばれるものです。

ちなみに、症状的にうつ病や心身症と混同される場合もあります。

3.治るも治らないも自分次第

それでは自分が自律神経失調症だとしたら、どうしたらよいのでしょうか? 

まずは医師の診察を受けるのが第一です。最近では、心と体の両面から治療を行う心療内科があり、そこで投薬やストレスの原因を見つけ、取り除くための心理療法を行います。同時に自分自身を見つめながら生活サイクルを改善していくことも治療に繋がります。

例えば、規則正しい生活を心がけ、仕事(勉強)するときはする、遊ぶときは、運動や趣味を見つけてそれに打ち込む。休む時はしっかり休むというように、生活にメリハリをつけること。そして、物事を前向きに考える、俗にいうポジティブシンキングの発想も大切です。

慣れないうちは取り組みにくいこともあると思いますが、無理をする必要はありません。心をゆったりとリラックスさせて、少しずつ出来ることを見つけ、生活環境を整えていく。そんな時に隈笹エキスを活用をしていただければ、高ぶった神経を沈めたり、リラックスを促す働きが、生活改善のお手伝いになると思います。

現代社会で生活する私たちの身の回りには、自律神経失調症を触発する要因がたくさん渦巻いています。誰もが発症の可能性を持っているのです。何か変調を感じたら、ちょっと立ち止まり、深呼吸をして、生活を見つめ直してみてはいかがでしょうか。新しい自分に出会えるチャンスになるかもしれません。

免疫力を高めて、インフルエンザや風邪を予防しましょう

免疫力をアップしてインフルエンザや風邪を予防しましょう

「未病」風邪をひかない、インフルエンザに負けない体を作るために

「未病」という言葉をご存じですか?
あまり耳慣れない言葉ですが、病気になる前に予防、自然治癒することをいいます。今回は、その「未病」のコツについて。

毎日寒く、乾燥した日が続いています。ご存知の通り、風邪はウイルスが原因で、いわゆる「特効薬」は今のところありません。約200種類ものウイルスが風邪の原因として確認されています。特に悪質なのが、ご存知「インフルエンザウイルス」です。

風邪には治療方法がない!

風邪には医学的な治療方法というものは、ありません。最近では、一部のウイルスに対し直接効果の出る薬も出てきましたが、やはり大抵は「対症療法」であり、ウイルスを殺せる治療方法はない状況です。従って、いかに風邪にかからないようにするか、ウイルスが体内に入っても発症せずに済むか、その様な体質にするかが大事なポイントです。病気になる前に予防、知らぬ間に治癒すること、すなわち「未病」が重要となってくるわけです。

風邪対策の基本は生活改善!

外的な原因(ウイルスの流行、寒さ、空気の乾燥)以上にカギとなるのが、現在の自分自身の体力や、体調、免疫力と言えます。

  • 良質な睡眠
  • バランスのとれた食事
  • 手洗い、うがい、マスク着用

日頃から免疫力のつく生活習慣を送ることが、風邪にかからない、かかっても軽く済んだり、早く治る近道となります。たっぷりの睡眠は、体の抵抗力を高めるには最適です。夜は免疫を高めるリンパ球が増える時間。その機能を使わない手はないでしょう。

また、ストレスも極力少なくしたいものです。とかく今の時代、対人関係、学校生活・受験、リストラなど、まったくストレスを受けない人はいないでしょう。しかしストレスは自律神経を弱め、免疫力、抵抗力を低下させます。

隈笹エキス

コンデイションの向上をサポートする熊笹エキス

クマザサには、ミネラル・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンK・フラボノイド・必須アミノ酸といった、各種有効成分が豊富に含まれています。ササ多糖類の一種であるパンフォリンや葉緑素は、体の免疫力を向上させる働きがあります。

ぜひ毎日の食生活に「熊笹エキス」を取り入れてみてください。

  • 2018.01.16
  • 10:27

熊笹ってなに? ~クマザサの効果・効能とは~

答えはクマザサエキスの中の「クマザサ多糖体」にあり!

本来、私たちのからだには病気にかかっても自然に治るチカラ(自然治癒力)が備わっています。からだの中に病原菌やウイルスが入ってきても、それらと懸命に闘い、勝利するチカラを持っているのです。このような生体防御機能がしっかり働いていれば、どんなに悪質な風邪やインフルエンザ、さらに深刻な伝染病が流行ったとしても、それにかかることはほとんどありません。

ですが、実際には病気にかかってしまう人は大勢います。生まれながらに持ち得た生体防御機能が、不摂生な生活習慣や様々なストレス等によってうまく働かなくなり、機能が低下したり失調をきたしてしまう……それゆえ人は病気にかかってしまうのです。

熊笹パワー

病気にかかって処方される「くすり」には、病気の症状を抑えることは出来ても、からだそのものを健康にすることはできません。

では、日々を健康に過ごすため、病気と闘えるからだを取り戻すため、自分が本来持っている自然治癒力や、免疫機能を回復させるにはどうしたらいいのでしょう? その答えの一端にクマザサ(隈笹、熊笹)にあります。健康なからだづくりをサポートしてくれる「熊笹」にはどんなパワーが秘められているのか、ご紹介してまいります。

隈笹エキス

クマザサのプロフィール

「笹」と「竹」の違いはなに?

植物分類学的にいえば、イネ科ササ属のクマザサ(隈笹、熊笹)は、日本全国のどこにでも自生しています。「クマザサ」と呼ばれる笹にはいくつかの種類があり、主なものとして以下があります。

  • クマザサ:観賞用として広く栽培されいます。高さ1m~1.5m
  • チマキザサ:チマキや笹だんごに利用されます。高さ1.5m~2m
  • クマキザサ:東北地方~北海道に分布おり、葉の長さは約20cm、幅は5cm程度

クマザサ健康サイト・ササランドでご紹介している「ホシ隈笹エキス」、また「ササピュア」などのクマザサ関連商品は、主に「クマキザサ」を加工したもので、必ず厳寒地の冬を2度以上越したものを厳選し使用しております。何度も冬を越したクマザサの葉は、その栄養分がさらに豊富になるからです。

クマザサの成長期間はおよそ80日から120日で、成長が終わるとその後60年から120年間枯れることはないと言われています(!)。まさに脅威の生命力と言えるでしょう。クマザサの根の長さは1本でなんと約2m。それが何10本と密生し、地中に張り巡らされています。その磐石根から地中の栄養分を吸収して、葉へと供給しているのです。

ちなみに「竹」と「笹」のちがいについてですが、いつまでも皮のついてるものが「笹」で、成長する過程で皮が落ちていくのが「竹」なのでした。

隈笹エキス

「熊笹」?「隈笹」?

野生の熊がもりもりクマザサを食べる理由とは?

さて「クマザサ」は、正確には「隈笹」と書きます。意外でしたか?冬になると緑色の葉のまわりに白いフチが蔽い、まるで歌舞伎の隈取りのようだから、と言われています。ずっと動物のクマの字をあてた「熊笹」だと思われていた方も大勢いらっしゃるでしょう。実際、野生の熊は冬眠前に、鮭や木の実といったカロリーの高い食物のほかに、クマザサの葉をたくさん食べ、また冬眠から覚めた後もクマザサの葉にむさぼりつきます。

冬眠中は腸内に残った食物の発酵を抑えるため、そして目覚めたときには、汚れてしまった血液をきれいに戻すために、夢中でクマザサを食べるのです。熊の本能は、クマザサの大いなる効用を見抜いているのでしょうね。(同じように、馬、牛、鹿などもクマザサの葉を食べるそうです。)

しかし、人は熊のようにクマザサの葉をそのままモリモリ食べて、その成分を分解し有効的に活用することはできません。それでも、クマザサの葉からその有効成分だけを取り出すことに成功しています。それが「クマザサエキス」なのです。

隈笹エキス

人間とクマザサの歴史

薬がなかった時代から「クマザサ」は大活躍の働き者だった!!

中国最古の薬物書「神農本草経」にも漢方薬として紹介されているほど、遠い昔から健康を支えてきたクマザサ。外界から離れ、霞を食べて生きてきたといわれる不老長寿の「仙人」は、実はクマザサを食べていたと伝えられてもいます。このほか、クマザサは李時珍の記した『本草網目』にも「じゃく」として収載されています。その中で、クマザサは次のように述べられています。

  • 気 味……甘し、寒にして毒なし
  • 主 治……男女の吐血、嘔血、下血、小便渋滞、喉痺、腫瘍を治す

日本でも昔からクマザサは生活の中で広く使われていました。その昔、山仕事や旅の途中で食べるおにぎりや餅を包んだのは、クマザサの葉です。また、笹団子、笹あめ、笹寿司、笹酒、チマキ……防腐作用や殺菌効果の高いクマザサを使った食べ物は、昔からこんなにたくさんあったのです。

今ほどたくさんの薬がなかった昔、人々は民間治療薬で病気や怪我を治していました。そこで大活躍したのはクマザサでした。東北地方では胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪の時にクマザサのせんじ薬を飲んでいたと言います。また、やけどや切り傷、湿疹にあせも、虫さされ、はては口臭や体臭を消すことにまで、暮らしに深く浸透していたのです。

隈笹エキス

クマザサ多糖体って何?

クマザサ多糖体の重要な役割り

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っています。その細胞の、一番外側にある膜を形成しているものを「多糖体」と呼び、大切な内容物をしっかり守る役目を果たしています。この多糖体が不足すると、徐々に細胞が弱っていき、さまざまな病原体に侵されてしまう危険性が高まるばかりか、栄養分の吸収、老廃物の排出がうまくいかなくなってしまいます。

クマザサが持つ「クマザサ多糖体」は、人間の細胞膜と非情に馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。「細胞が元気であること」イコール「生体防御機能が働いていること」すなわち「健康」であるということなのです。

「多糖体」とは、「単糖」が何十~何百と結合したものです。配糖体結合で縮合して出来たものを総称してこう呼びます。ですからデンプン、セルロース、寒天、水飴だって多糖体と言えます。多糖体は植物だけでなく、人間の体内や動物、細菌の中にだって存在しているのです。また、「多糖体」には人間の体に有効に働くものと、そうでないものがあります。前者を活性型多糖体、後者を非活性型多糖体と言います。

  • 活性型多糖体例 …… クマザサ多糖体、霊芝多糖体、クロレラ多糖体
  • 非活性型多糖体例 …… セルロース、寒天など

多糖体はそれらの由来する動植物(またはその部分)によってその働きが違いますから、「クマザサ多糖体」であろうとも、葉からの多糖体と根からの多糖体では働きが違います。ですから、一口に多糖体と言っても、すべてが同じなのかと言うと、これはまったく別物なのです。例えば、漠然と「たんぱく質」と言っても、髪の毛や爪、牛肉の中のたんぱく質とではそれぞれが違うものであるように。

このように多糖体でも、それが活性型であるか、非活性型であるか、また活性型でもクマザサ多糖体であるか霊芝多糖体、クロレラ多糖体であるかによってまったく違った働きを体の中で現します。だからこそ自分に合った良質の多糖体を選ぶことが肝心なのです

隈笹エキス

クマザサエキスとは何か?

クマザサエキスは誰でも簡単に作れるものなのか

『クマザサはどこにでも自生しているのだから、裏の山から採ってきて、それを煮詰めればクマザサエキスの出来上がり』 ―――誰でも考えることでしょう。ですが、そんな簡単にはいきません。クマザサには「ケイ酸」が多く含まれており、その食物繊維は非常に硬いのです。熊やパンダと違い、人間はこれらを分解する酵素を体内に備えておらず、直接口に入れても胃や腸を痛めてしまう上、もちろん有効成分も充分には働きません。

また、精度の高いエキスを抽出するには、大量のクマザサの葉が必要であり、何よりエキスを取り出すにふさわしいクマザサを選ぶ必要があります。葉の緑が濃く、出来る限り肉厚で硬いもの。そして必ず厳しい冬を越したクマザサを選ばなくてはなりません。越冬することによって繊維が太くなり、その繊維の中に有効成分もより多く含まれているからです。

まず採ってきたクマザサの葉は、最低2年から3年乾燥させます。こうすることによってクセがなくなり、疑わしい毒性も分解され、有効成分だけが残るようになります。このクマザサの葉へ、抽出しやすいように水を加えて加熱抽出し、その液体の上澄みだけを取り出します。ちなみに抽出後の残りカスには有効成分もありませんし、臭みや異物感がありますから、使用しません。

隈笹エキス

こうして取り出したクマザサエキスには、人間の体に不足しがちなグルコース、マンノース、アラビノースといった成分が含まれたクマザサ多糖体をはじめ、豊富な栄養素が含まれています。これらのクマザサ多糖体やその他の栄養素が細胞をしっかり包み、傷ついた細胞膜を修復してくれるのです。丁寧に抽出したクマザサエキスであればあるほど、その効果は高いと言ってもいいでしょう。

クマザサの3大栄養素とは

クマザサ細胞膜の構造を知る

豊富な栄養素がぎっしりつまったクマザサですが、その中でも3大栄養素といわれるのが「葉緑素」、「アミノ酸」、「クマザサ多糖体」です。

もちろんこのほかにもクマザサには豊富な食物繊維、 リグニンのほかビタミンA,B1,B2,B6,B12,C,E,Kなどをはじめとする各種ビタミン、カルシウム、ミネラルの他いまだ未知の成分が多数含まれ、健康はもちろんのこと美容面でも効果が高い有効成分がたくさん含まれています。

それではまず「葉緑素」について。 クマザサの葉の約80%は葉緑素で構成されているほど豊富に含まれています。「葉緑素」は、新しくきれいな血液を作るはたらきを助ける力を持っています。近頃注目されている健康のために大切な「サラサラの血液」。これにも大きな効果を発揮してくれます。この他にも「葉緑素」は、胃腸の強化、抗アレルギー効果、新陳代謝を促す、新しい細胞をつくるはたらきを助ける、やけどや皮膚病の改善、消臭、胃潰瘍、歯槽膿漏、高血圧などなど、その効果は幅広く、医学界でも注目されている成分のひとつです。

次に「アミノ酸」。 古代から地球に存在する最も古い栄養成分です。原始時代の生命体から現代人にいたるまで、「アミノ酸」は生命の源として幅広く利用されています。人間の体は約6割の水分と「アミノ酸」で作られていますが、細胞、ホルモン、酵素などを形成する他、それを正常に働かせるための重要な機能を担っています。クマザサにはなんと、牛乳や米の2倍ものアミノ酸が含まれています。

そして真打ちが「クマザサ多糖体」です。

隈笹エキス

メンバー募集
シークレットセール入り口
クマ笹エキス
niowan
sasa

facebook

Twitter @sasamarukun

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 10:00~17:30
休日 土日祝・年末年始
TEL.03-5623-2051(代表)

ページトップへ